「晃風園デイサービスみのり」での新型コロナウイルス感染者の発生について③(12/14報)

11月27日にお知らせしました「晃風園デイサービスみのり(大和市深見東3-2-4)」での新型コロナウイルス感染者の発生につきまして、その後の経過を報告させていただきます。

11月27日の集団PCR検査によって陽性のご利用者および職員が確認された後、
12月1日に新たなご利用者1名(27日の検査では陰性であった)の陽性が判明しました。

12月11日をもってご利用者の経過観察期間が終了となり、12月1日にご利用者の陽性が確認された以降は、新たに陽性となった方は確認されず、感染された方は、職員6名、ご利用者9名と、ご利用者の家族3名となりました。

退院された方もいらっしゃいますが、継続して治療されている皆様の1日も早い回復を心から願っております。

自宅待機中のご利用者、ご家族からは、早くサービスを再開してほしいというありがたいお言葉もいただき、再開に向け関係機関と相談の上で検討をすすめて参りました。換気の確実な実施や、飛沫対策用アクリル板を設置するなど、感染対策を強化した上で、その内容を保健所にも確認をいただき、12月14日(月)から、1日あたりの定員を減らすなど、サービスを一部変更して再開をさせていただくこととなりました。

ご利用者、ご家族並びに関係者の皆様には大変なご心配とご迷惑をおかけしておりますこと心からお詫び申し上げますとともに、今後ともご理解、ご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人 徳寿会 晃風園
園長 和田 紀子